0120-79-8818

受付時間 9:00 ~ 21:00(土日祝可)

ご相談・お見積もりはこちら

お急ぎの方:080-3782-8767【24時間対応】

大切な人を自殺で亡くされた方へ | 関西特殊清掃士センターの情報を配信いたします。

ブログ

大切な人を自殺で亡くされた方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大切な人を自殺で亡くされた方へ

自殺でお亡くなりになられたお方のお宅を、お片づけ・特殊清掃をさせていただきますと、

いつもなんとも言えない身につまされる思いが込み上げてきます。

私達は真心で遺品整理と特殊清掃しかお役に立たせていただけないかもしれませんが、

一人でも多くの方が自殺を選択されないように、いつも心から願い祈っております。

命が一番大切で、尊いものですから・・・

 

自殺についてのホームページがありました。

https://ikiru.ncnp.go.jp/ikiru-hp/

強い絆のあった人が自らの手で命を絶つと、遺された人は嵐のような感情に襲われます。
「頭の中が真っ白になってしまった」
「自殺ではない、事故死だ」
「どうして自殺を防ぐことができなかったのだろう」
「最後に会ったときの服装、表情、言葉がよみがえってくる」
「町で同じ年代の人を見かけると、亡くなった人を思い出す」
「あれほど上司に頼んでいたのに、何もしてくれなかった」
「家族を残して、ひとりで命を絶ってしまうなんて」
「周囲から責められる気がする」
「これから何を支えに生きていこうか」
「子どもたちに、どう説明したらよいだろうか」
このようなさまざまな強烈な思いが襲ってきます。ところが、自殺に対する偏見が強いため、「こころの傷を癒すのは時間が経つことだけだ」「そっとしておくのが一番だ」といった考え方がこれまでは一般的でした。
たしかに多くの人は時間とともに、こころの傷から立ち直っていくかもしれません。しかし、そのような幸運な人ばかりではないのです。遺された人が心身の不調をきたすこともめずらしくありません。
たとえば、うつ病(気分が沈む、自分を責める、仕事の能率が落ちる)、パニック障害(突然の動悸、過呼吸、めまい)、PTSD(心的外傷後ストレス障害:恐ろしい場面が突然現れる、神経過敏になる、人を避けて引きこもる)などになり、専門的な治療が必要になることもあります。アルコール依存症や薬物乱用になる可能性もあるのです。また、こころと体は密接に結びついているので、身体の問題が出てきても不思議はありません。たとえば、ご主人を亡くして半年もしないうちに、乳がんが発見された人や、持病の喘息が悪化した人もいます。
このように、自殺は、遺された人に強い影響を及ぼします。ですから、つらい想いを自分の胸だけにしまっておくのではなく、信頼できる人に打ち明けてください。周囲の人々はその感情をありのままに受け止めてください。必要があれば、こころの病や体の病の専門家に相談することもぜひ忘れないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

当センターはプライバシーマーク付与事業者です

プライバシーマークとは、個人情報保護の体制や運用の状況が適切であることを、 消費者のみなさんに“プライバシーマーク”というロゴマークを用いてわかりやすく 示す制度で、個人情報を適切に取り扱う信頼のマークです。

プライバシーマークとは、個人情報保護の体制や運用の状況が適切であることを、 消費者のみなさんに“プライバシーマーク”というロゴマークを用いてわかりやすく 示す制度で、個人情報を適切に取り扱う信頼のマークです。

お支払いはクレジットカード決済
(VISA、MASTER)もご利用いただけます。

〒536-0005 大阪市城東区中央2-13-25

「古物商許可証」 第621202001617号/大阪府公安委員会許可

関西で特殊清掃のことなら、お気軽にご相談ください。

0120-79-8818 0120-79-8818

(受付時間 9:00~21:00 / 土日祝OK)

ご相談・お見積りはこちら

24時間365日迅速対応いたします

©2018関西特殊清掃士センター