0120-79-8818

受付時間 9:00 ~ 21:00(土日祝可)

ご相談・お見積もりはこちら

お急ぎの方:080-3782-8767【24時間対応】

誰にも知られたくない?秘密証書遺言の作成について | 関西特殊清掃士センターの情報を配信いたします。

ブログ

誰にも知られたくない?秘密証書遺言の作成について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも知られたくない?秘密証書遺言の作成について

秘密証書遺言は遺言の中身を知られることなく、遺言書による法的効力を発生させたい場合に選択される方式です。
しかしながら、実際のところこの方式を選択している人は多くはありません。

・秘密証書遺言が選ばれない理由

秘密証書遺言は公正証書遺言と同様に公証人役場での手続きとなりますが、内容の読み聞かせがありません。
好都合と思う人もいるでしょうが、公正証書遺言のように内容の確認を公証人が行うことがないのです。
そのため、内容に不備などがあった場合には、秘密を守ることができたとしても無効になってしまう恐れがあります。

a0960_007199

また、公正証書遺言は遺言書が公証人役場に保管されますが、秘密証書遺言は保管されません。
作成した事実が記録して残るだけであり、遺言書の保管自体は自分でする必要があります。
さらに公正証書遺言と同様に証人が2人必要になるほか、手続き自体の費用もかかります。

・秘密が100%守られるとは限らない

理由は2個あります。
まず、秘密証書遺言は自分で保管をしなければいけません。
誰にも見られることのないよう、法律家に保管を依頼するなどすれば、作成した事実を人に知られることはありません。
しかしながら、人の目に付くところに保管しておけば、内容までは分からないとしても遺言書を作成したことは知られてしまいます。
また、証人2人に関しても、知り合いにお願いした場合にはそこから作成した話が漏れてしまう可能性があります。
証人を法律家に依頼する手段もありますが、費用がかかってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

当センターはプライバシーマーク付与事業者です

プライバシーマークとは、個人情報保護の体制や運用の状況が適切であることを、 消費者のみなさんに“プライバシーマーク”というロゴマークを用いてわかりやすく 示す制度で、個人情報を適切に取り扱う信頼のマークです。

プライバシーマークとは、個人情報保護の体制や運用の状況が適切であることを、 消費者のみなさんに“プライバシーマーク”というロゴマークを用いてわかりやすく 示す制度で、個人情報を適切に取り扱う信頼のマークです。

お支払いはクレジットカード決済
(VISA、MASTER)もご利用いただけます。

〒536-0005 大阪市城東区中央2-13-25

「古物商許可証」 第621202001617号/大阪府公安委員会許可

関西で特殊清掃のことなら、お気軽にご相談ください。

0120-79-8818 0120-79-8818

(受付時間 9:00~21:00 / 土日祝OK)

ご相談・お見積りはこちら

24時間365日迅速対応いたします

©2018関西特殊清掃士センター