0120-79-8818

受付時間 9:00 ~ 21:00(土日祝可)

ご相談・お見積もりはこちら

お急ぎの方:080-3782-8767【24時間対応】

終活といっても実際何をすればいいの? | 関西特殊清掃士センターの情報を配信いたします。

ブログ

終活といっても実際何をすればいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終活といっても実際何をすればいいの?

自分が死んだあと家族のことが心配だから、終活をしておきたい。
でも、具体的になにをどう行ったらいいのか、まったく分からない。
こういう方もいらっしゃると思いますが、ここで具体的に終活で何を行ったらいいかについて説明しておきたいと思います。

・墓や葬儀の執り行い方

終活で行うことといえば、まず墓と葬儀の執り行い方を決めておくことがあります。

a0960_006644

墓については、どこにどんな墓を立てるのかといった問題、葬儀については、どこでどんな規模の葬儀を行うかといった問題が持ち上がってきます。
こうした問題は、あらかじめ決めておけばスムーズに処理できますが、何も決めていなかったら、後で混乱や争いを生む原因ともなります。
したがってこれを終活の一つとして、あらかじめ墓や葬儀について取り決めておくのはいいことです。
口伝えでも行えますが、できれば文書にして意思を伝えておくといいでしょう。

相続と贈与問題の遺言

終活の中で特にメジャーな問題とされるのは、相続と贈与の問題です。
これは財産が絡んでる話なので、それを手に入れたいと願う遺族の間で少なからず争いが生まれる可能性があります。
例えば、ある人間が独断で財産の多くを奪うようなことをすれば、それに反発する遺族も出てくるでしょう。
そうなれば、遺族同士で骨肉の争いを勃発させてしまうことになります。
したがってそうしたことにならないように、終活の一つとして、相続と贈与問題について遺言を残しておきます。
自分が有する資産について、自分が死んだ後はこのように分配してほしいと明確に言い残しておけば、争いなく処理することができます。
なお遺言書を残す場合は、確実に意思を伝えるために、弁護士に相談して行ったほうがいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

当センターはプライバシーマーク付与事業者です

プライバシーマークとは、個人情報保護の体制や運用の状況が適切であることを、 消費者のみなさんに“プライバシーマーク”というロゴマークを用いてわかりやすく 示す制度で、個人情報を適切に取り扱う信頼のマークです。

プライバシーマークとは、個人情報保護の体制や運用の状況が適切であることを、 消費者のみなさんに“プライバシーマーク”というロゴマークを用いてわかりやすく 示す制度で、個人情報を適切に取り扱う信頼のマークです。

お支払いはクレジットカード決済
(VISA、MASTER)もご利用いただけます。

〒536-0005 大阪市城東区中央2-13-25

「古物商許可証」 第621202001617号/大阪府公安委員会許可

関西で特殊清掃のことなら、お気軽にご相談ください。

0120-79-8818 0120-79-8818

(受付時間 9:00~21:00 / 土日祝OK)

ご相談・お見積りはこちら

24時間365日迅速対応いたします

©2018関西特殊清掃士センター