ブログビジュアル

注目されている遺品査定士

注目されている遺品査定士

近年は急速な少子高齢化により、日本国内の人口における高齢者の割合がどんどん上がってきていますよね。2013年には、なんと4人に1人が65歳を超える高齢者となっており、このままいくと、2060年には2.5人に1人が高齢者になることが予測されているそうです。
もちろん予測なので、実際にそこまでの数値になるかどうかは分かりませんが、高齢者が増加しているのは紛れもない事実ですよね。また、こういった多くの高齢者が、一人暮らしをされているケースも増えてきています。
a0002_010503

そのため1人暮らしの高齢者がいざというとき、遺品の整理など本来は遺族によって行われていましたが、最近では遺品整理の業者を利用するケースが増えてきているんですね。
遺品の整理に関しては遺品整理士と呼ばれる有資格者が行いますが、その遺品を売却する場合、査定をするのが遺品査定士となります。これは実際に遺品の買取等において、不正な被害やさまざまなトラブルが多くなってきたため、そういった不正に対し、対応するために誕生した資格と言えるでしょう。
リサイクルの中古買取の査定士に近いものがありますが、遺品なので特定のジャンルだけでなく、幅広い買い取りが必要となります。
そのため、さまざまなジャンルの鑑定士に依頼をすることになります。もちろん、買取や査定の知識だけでなく、遺品整理に関する知識も必要となってきます。
お金や不動産といった遺産相続については弁護士が専門家となりますが、遺品についての専門家は遺品鑑定士ということになるんですね。

関西で特殊清掃なら専門業者にお任せください

プロの特殊清掃では、ご依頼者の負担を出来るだけ軽くし、突然の出来事でお困りのご遺族にかわって遺品の整理をさせて頂きます。 故人の方が使われていた品々全てを「まごころ」を込めて丁寧に整理いたします。不要品の処分、買取、形見分けとしてご遺族の方にお届け致します。