ブログビジュアル

特殊清掃ブログ

ゴミ屋敷に手遅れはありません

年々進む超高齢化社会、ゴミ屋敷の住人にも高齢者が増えています。 高齢者でゴミ屋敷になってしまう人というのは 体力や運動能力の低下によりゴミを捨てることができない方や分別がめんどくさくなりごみがどんどん溜まり取り返しのつか…

» 続きはこちらから

特殊清掃とは 自分でできるのか

特殊清掃業とはwikipediaによると 清掃業の一形態である。一般にはCrime Scene Cleaners(事件現場清掃業)等とも呼ばれる清掃をさすことが多く、事件、事故、自殺等の変死現場や独居死、孤立死、孤独死に…

» 続きはこちらから

孤独死は人事ではない、死後のこと考えてますか?

最近の日本は超高齢化社会を迎えています。 高齢者が年々増加し寿命が長くなっていると先日もニュースでしていましたが、死亡者数も付随して増加しています。 しかし、自分の死後のことを考えている人はどのくらいいらっしゃるのでしょ…

» 続きはこちらから

特殊清掃と遺品整理、別々に頼むべきなのか

現在、65歳以上の高齢者の割合は、なんと日本の人口の1/4となっています、またこれからさらに進んでいくものと予測されてます。 超高齢化社会に突入した日本で社会問題となっているのが、孤独死や孤立死の増加ではないでしょうか。…

» 続きはこちらから

特殊清掃の業者はしっかり見定める必要があります

死というものは突然に訪れます。突然の親族の死は、精神的ショックを受けますが、早急に現場を原状回復しなければなりません。 自分たちでできればいいのですが、原状回復するのに自分たちではできないのがほとんどです。また、特殊清掃…

» 続きはこちらから

特殊清掃ってどのような場所があてはまるの?

特殊清掃ってなに?なにが特殊なの?と思われると思います。 特殊清掃とは、事件や事故、孤独死、自殺などで亡くなった「事件現場」(ご遺体は警察が検死のため、引き取って行きますが、腐乱した遺体があった場所)や、「ゴミ屋敷」など…

» 続きはこちらから

特殊清掃が必要となる根本的な問題とは

特殊清掃業に関わる社会問題として挙げられるものは、高齢化による【孤独死】、「いじめ」や「お金」「介護」問題から派生して考えられる【自殺】や未婚率の高まりや一人暮らしの増加により亡くなっても気づかれず、、所謂【孤立死】など…

» 続きはこちらから

遺品整理に困ったら、まずは専門業者へ

遺品整理に困ったら、まずは専門業者へ 遺品整理というのは、もともと残された遺族によって行われていたものですが、少子高齢化による高齢者の一人暮らしと、これまでの賃貸物件の退去の関係などから、なかなか遺族だけでゆっくり時間を…

» 続きはこちらから

注目されている遺品査定士

注目されている遺品査定士 近年は急速な少子高齢化により、日本国内の人口における高齢者の割合がどんどん上がってきていますよね。2013年には、なんと4人に1人が65歳を超える高齢者となっており、このままいくと、2060年に…

» 続きはこちらから

下見は業者と一緒にしましょう

下見は業者と一緒にしましょう 以前は遺品整理というと、亡くなった方の家財道具や洋服、日用品といった遺品を、家族や親しい人が形見分けしながら整理していくのが一般的になっていました。しかし、最近では物をたくさん持っている方が…

» 続きはこちらから

関西で特殊清掃なら専門業者にお任せください

プロの特殊清掃では、ご依頼者の負担を出来るだけ軽くし、突然の出来事でお困りのご遺族にかわって遺品の整理をさせて頂きます。 故人の方が使われていた品々全てを「まごころ」を込めて丁寧に整理いたします。不要品の処分、買取、形見分けとしてご遺族の方にお届け致します。